青春18きっぷで行く、ぶらり鉄道の旅 - 半分、青い - Part4. 『さぁ、帰りましょう の巻』

 今回は Part 3 の続きです。
 
 
 岩村城跡を下り梟商店街のモデルとなった商店街を下りて、やはり上りと下りは違うのか、思った以上に早く下りれたので、五平餅は食べようかな…と思って店を探したのですが、あったけど微妙に混んでいて、諦めました。で、地元のサイダーが売っていたので、記念 ( ? ) にそれを飲みました。

 
 

 
 
 むちゃくちゃ美味しいという大袈裟なことまではいいませんが、普通に美味しかった。飲みやすかったし。
 当初、14時15分の列車に乗るつもりでしたが、結局その 1本あと、15時37分に乗車して恵那駅に向かいました。青春 18きっぷで帰るなら、これより 1本遅い 16時 45分発じゃないと本当に日付が変わる直前ぐらいの帰阪になるので、まぁこの列車には乗れてよかったです。少しだけ余裕ができました。
 恵那駅では JRとの乗り継ぎが悪く待たされましたが、恵那駅からはわりとスムーズに乗り継げました。そして、大抵混んでるイメージしかない大垣駅から米原駅の間も座ることができたので、疲れもマシでした。帰りは高槻駅から普通列車に乗ろうかと思いましたが、面倒なので新大阪で下車しました。

 
 

 
 
 新大阪駅を撮ったのですが、暗くてわからないですね…。  そして、朝に食べたっきり、水分は補給してますが、結局何も食べてないので、お腹空いたので何か食べよう…、できれば日本酒もちょっと呑みたい。と、新大阪駅の味ののれん街っていうんですか? 1階とかちょろちょろしましたが、ちょっとお高いし、一人では入りづらいので、少し離れた王将でいただきました。

 
 

 
 
 大関は微妙ですが、唐揚げも餃子もおいしかった。

 
 

 
 
 酔い覚ましのコーヒーついでにマクドナルドにも寄りました。
 この旅行の一週前ぐらいは名古屋や岐阜で 40度に迫るような最高気温もあり、この旅行の翌週には岐阜で 40度越えもありました。そういう意味ではこの日も猛暑で暑かったものの、タイミングとしてはわりと良い日に訪れることができたのかもしれません。

 
 

 
 
 やっと 1回目の青春 18きっぷ使用ですね。今回は明智鉄道のフリーチケケットのおまけ付です。  さて、今年は 2回目以降、青春 18きっぷ旅行ができるのかなぁ?
 

“青春18きっぷで行く、ぶらり鉄道の旅 - 半分、青い - Part4. 『さぁ、帰りましょう の巻』” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください