青春18きっぷで行くブラリ鉄道の旅 – 絶景かな、天橋立編 – Part2

Part1 からの続きです。

天橋立ビューランドを出て、そのまま帰るという選択肢もあったのですが、13時ぐらいだったので、ちょっと帰るには早いかな…と思ってしまい、龍のような感じに見える道を通れば向こう側に行けるようなので、向こう側に行ってみることにしました。

クリックしないでね。

しかし、道ってあるのかな ? って風に見えるのですが…。

クリックしないでね。

案内板を見ると、観光船で 10分ちょっと、レンタルサイクルで 20分ほど、徒歩で 50分ほど…。青春18きっぷ以外でお金を結構使っているので、ここは徒歩で行くことに…。
ちょっと歩いたけれど、暑い、わかってはいたけれど、心折れそう…。

クリックしないでね。

まだ、2kmもあるのか…。

クリックしないでね。

途中で一休みできそうな小屋 ( ? ) のようなものがありましたが、ここに自動販売機があれば一休みするのになぁ…と思いながらスルー。
黙々ととりあえず歩きます。

クリックしないでね。

なんとか終点まで到着。

クリックしないでね。

そこから少し歩くと神社がありました。境内内は撮影禁止だそうなので、写真は外から撮りました。
中に入ると御朱印所がありました。以前、平等院に行った時に御朱印長をせっかく買ったのに、持ってこなかったので、またここで購入。無駄遣いですね、はい。

クリックしないでね。

さらにリフトで上を目指せば、こちらからも股覗きができるみたいで、その先に有名なのかどうかオイラはわかりませんが、神社もあるようですが、さすがにそこまで行くと、帰りが物凄く遅くなりそうなので、この神社までで諦めて帰ることにします。

クリックしないでね。

来るとき、50分はかかってないですが、暑い中、またあの道を延々と歩くのもしんどいなぁ…と思い、観光船に乗ろうか…と思っていたのですが、けっこう人がいたので、やはり徒歩で買えることにしました。
帰りは来るときに乗ったあおまつという観光列車ではなかったので、一駅乗って乗り換えて福知山駅まで帰りました。帰りは比較的空いていて座れたので、ラッキーでしたね。
で、朝と違って乗り継ぎがいまひとつで、福知山駅で 40分近く待たなければいけなかったので、ちょっと改札を出て周辺をちょこっと歩きました。

クリックしないでね。

鉄道むすめ、う~ん…。
ちなみに帰りは篠山口経由の大阪駅行の快速列車で帰りました。
帰りは途中の食堂で軽く日本酒を頂きましたよ。

クリックしないでね。

ビールではなく日本酒なのに酢豚なんて脂っこいものを頼みましたが、これはごはんのおかず用で、日本酒のアテは揚げ出し豆腐でした。

クリックしないでね。

ちなみに、ネットで調べると、前回の岐阜旅行が青春18きっぷで行ける区間の運賃が片道 4,080円で今回の天橋立諸侯では、新大阪から福知山までが片道 1,920円だったので、2回の旅行で 12,000円の運賃になるので、11,850円の青春18きっぷの元はとれたので、この 2回で今夏の旅行が終わっても、まぁいいか…、という気にはなれました。

今年の夏の暑さは尋常ではないので、暑いのはある程度仕方が無いとして、好天に恵まれ、まずまず景色を堪能できたのは何よりです。休みの都合上、豪雨だとかは覗きますが、雨でも天橋立旅行を決行したかもしれませんが、もし仮に雨の日に来ていたら、向こう側まで行こうとかそんなことはせず、即帰っただろうな、と思います。
このタイミングで来れて良かったかな。

“青春18きっぷで行くブラリ鉄道の旅 – 絶景かな、天橋立編 – Part2” への 2 件のフィードバック

  1. Helpful information. Lucky me I discovered your site
    by accident, and I am shocked why this accident did not took
    place earlier! I bookmarked it.

  2. Hi, i thіnk that i noticеd you visited my web site sso i got here to go bacк the
    prefer?.I’m attempting to to find issues to enhance my web
    site!I sᥙppose its adequate to make use ߋff a fеw of yоur
    ideas!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください